--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.06.20 18:43|詩(考)
それは緑色の
暗くもなく深くもなく
落ちて行く空

真夏の体温
木陰とミルクじゃ癒しておけない

寂しさという
寄り添えないことの
味気なさを

未体験の幸福
誰のものでもないシチュー

鎖が弾けたように
音だけが響いた
それがとっても痛かった

頭痛がする
眩暈がする
眠気が襲う

見るもの全てが窓枠の向こうにある

緑色をした空と雲
2014.06.20 00:41|詩(考)
たくさんのことを恐れてきた
愛することも敗れることも諦めることも

お腹いっぱいに空気を食べて太って
それが幸せなのさって顔をしていた

負けるわけにはいかない
けれども、勝つことだって許されはしない

愛することが何よりも尊ばれる
けれども、愛の反対は憎しみではなく無関心だ


他人のことを家族と呼んで生きてきた

誰も信じないから裏切られてもいいと思うことにした

夜が明けないこともあるから窓の外を見なくなった

日の光が怖くなって本棚の陰で眠っていた


黒い猫の眼差し


きっと覚えている


自分の知らない自分の温度
自分の知らない自分の臭いを
2014.04.04 03:41|詩(考)
騒ぎ立てるほどの不幸も無い僕らは
平穏な日常に飼い慣らされて
ぬるま湯の中で生殺しにされる

惰性と申し訳なさで生き続けるけれど
他人はそれを怠慢とは呼べど不幸とは呼ばない

理不尽なことばかりだ

いかにも幸福な家庭の一員であって
悲劇を気取ることは許されない
嘆き事を吐く権利などない、僕らには

ただただ逃避でやり過ごす
物語だけが救いだ
しかしそれは充足ではない
欲求不満の裏返しにすぎない

息をするのが苦しいから
忘れるために、胸の内を空想と物語で満たす
傷に塩と蜂蜜を塗る
出血を止めようとも、もう思わない

腐り果てていく時を静かに待っている
と同時に、壊したい心を押さえ付けている

僕らを見るな

生温かい血液の温度に安らぐ
冷めていく体温に安堵する
そうやって全部を諦めていく

僕らは
不幸ですらない
2014.04.04 03:37|短歌・俳句・川柳
優しいと優れるとが同じ漢字であることには何か意味があるのだと思う
2014.01.31 03:01|散文
 一番幸せな時間は眠っている時間だ、と親の前でも平気で言うような子供だった。誰のことも信じていないと笑った。自分にとっての一番の信用の感情は「この人だったら嘘をつかれても裏切られてもいい」という形にしかならないのだと。それが家族という人間にとってどのような意味を持ってどのような気分を伴って投げ付けられているのかを想像したことすらないような子供だった。

 夜眠れなくなったのはいつからだったのだろう。何も心底楽しいものなど無くなったのは。
 起きた瞬間の、今ここから起き上がっても一日何もすることもしたいこともない、という事実に呆然と絶望するような目覚めが、いったいあと何回続いていくのだろうか。その虚無感の裏で薄ら寒く震えている、もうこの先死ぬまで何一つ起きる目的を思い至ることなどないのではないかという予感に、どれほど脅かされ続けなくてはならない?
 人生は無意味だ。
 たった一言が、暴力的なまでの質量を抱えて寝起きの頭に落下する。
 生きる意味とはなんだ。生きがいとはなんだ。

 子供とは未来の形をしている、未来そのものだ。そうはじめに唱えたのはいったい誰であったか。
 気付けばもう子供でもなくなっていた自分にはその意味が眩しく、まるで心臓を焼かれるよう。子供でない自分になど価値はない、早く子供をもうけたい。しかしこんな重く汚れた執着心を持った人間に果たしてその資格があるのか。

 世界とは自分によって認識される。よって自分にしか世界を変えることはできない。よくもわるくも。
 そんな「自分次第」という看板があちこちに掲げられているが、それがどうにも、乱暴に思える。認識というものはそれほど思い通りな代物ではない。
 生きるのに上手い下手があるのだ、浮世には。それは世渡り云々の話ではなくて、もっと根本的な心構えのような次元での話。それぞれに選択があり、しかもその選択は他人から理解されるとは限らないところですら強制力を持っている。なぜ人を殺してはいけないのか、なぜ他人の妻を愛してはいけないのか、なぜ自ら生きることを辞めてはいけないのか、なぜ法律はあるのか……それでも選択は迫られる。
 いっさいがっさい何一つとって上手くなくても、一度生まれたならば最期まで生きなければならない。と申し渡される。

 他人の不幸で飯が旨い。

 一番幸せな時間は眠っている時間だ、と親の前でも平気で言うような子供だった。完璧に安らげる時間など他に全くないと信じて疑わなかった。それが例え悪夢の中であっても、目が覚めているよりはずっとマシだと本気で考えていた。
 何一つ不自由などしていなかったけれど。大した不幸など負っていなかったけれど。人にも環境にも十二分に恵まれていたけれど。いや、それゆえに。
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター

FC2プロフ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
7347位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

707位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

リンク

最新トラックバック

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。