スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鏡合わせ

2011.06.25 00:00|詩(考)
君はまるで 野良猫のようだ
ちっぽけなプライドで 満足げに胸を膨らませ
腐臭の漂う街角を しゃなりしゃなり

君はまるで 老いた鴉のようだ
ぼろぼろの翼は もはや風を孕ませられず
建物風に吹かれて のらりくらり

君はまるで 孤児(みなしご)の人の子のようだ
他人の言葉ばかりで 頭の中をいっぱいにして
薄情な浮世の上を ふらりふらり


頼るものを忘れたか
真の誇りを失ったか
温かな愛を見捨てたか

生きることに 未だに慣れず
望むことに 希望を持てず
恵まれることに 恵まれず

報いないまま
報われぬまま

ただ とぼとぼと歩く
君はまるで 僕のようだ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター

FC2プロフ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
8948位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

840位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

リンク

最新トラックバック

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。