--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.12.10 00:17|雑記
SSを投下しようと思っているうちに
まただいぶ空いてしまいました…
授業内の課題でちょっといい感じに書けそうだったから
少し伸ばして書き上げるつもりが!

しかし、その件についてはまた後日に。
すみませんがまだ完成できていないので…
授業で書いた作品をネットに上げることには
授業が実名で上げているということで抵抗あるんですが
更新頻度的な面からも多少上げてみてもいいのかも?
とか、ちょっと考え中でもあったりします、
はい。


さて、本題に入りまして。
そのように授業で書き手としての勉強をしていると
徐々に自分の読書の仕方が変わってきています。
前よりも文章や構成の巧拙が目についてしまって
純粋に物語内容を楽しめなくなってきました。

本当は一度楽しんでから二度目でじっくり考察したいんですが
読むときに作品を見る目が変わってしまっていて
そういうまっさらな読者として味わえないんです、最近。
勉強面で見れば成長でしょうが
趣味の面ではなんだか切ないです…

このあいだ久しぶりにラノベを読んだのですが
表現の薄さとか、展開の粗さとか
そういうのが気になって仕方なくて
全然話の世界に入っていけませんでした。

自分だったらこういう展開には書けないな、とか
この表現は斬新でいいな、とか
あそこで匂わせていたことは回収しなくていいのか?とか
ここを語らないのは上手いなぁ、とか
そんな読み方になってしまっています。

書き手の勉強というのが
こんなに切ないものだとは予想していませんでした。
今までなんとなく感じるだけで流していたことに
目を凝らしていくような感じです。

見て見ると更に作品のすごさがわかることもあるし
逆に作者の意図とかを知って印象が変わってしまったり
見てよかったのかどうか
一概にいいとは思えない世界ですね。
でも書く上では大事なことだとはわかります。

それでも
もっと読まなければ書く方も深まんないなと。
スポンサーサイト
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター

FC2プロフ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
5491位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

496位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ

カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

リンク

最新トラックバック

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。