--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.01.31 03:01|散文
 一番幸せな時間は眠っている時間だ、と親の前でも平気で言うような子供だった。誰のことも信じていないと笑った。自分にとっての一番の信用の感情は「この人だったら嘘をつかれても裏切られてもいい」という形にしかならないのだと。それが家族という人間にとってどのような意味を持ってどのような気分を伴って投げ付けられているのかを想像したことすらないような子供だった。

 夜眠れなくなったのはいつからだったのだろう。何も心底楽しいものなど無くなったのは。
 起きた瞬間の、今ここから起き上がっても一日何もすることもしたいこともない、という事実に呆然と絶望するような目覚めが、いったいあと何回続いていくのだろうか。その虚無感の裏で薄ら寒く震えている、もうこの先死ぬまで何一つ起きる目的を思い至ることなどないのではないかという予感に、どれほど脅かされ続けなくてはならない?
 人生は無意味だ。
 たった一言が、暴力的なまでの質量を抱えて寝起きの頭に落下する。
 生きる意味とはなんだ。生きがいとはなんだ。

 子供とは未来の形をしている、未来そのものだ。そうはじめに唱えたのはいったい誰であったか。
 気付けばもう子供でもなくなっていた自分にはその意味が眩しく、まるで心臓を焼かれるよう。子供でない自分になど価値はない、早く子供をもうけたい。しかしこんな重く汚れた執着心を持った人間に果たしてその資格があるのか。

 世界とは自分によって認識される。よって自分にしか世界を変えることはできない。よくもわるくも。
 そんな「自分次第」という看板があちこちに掲げられているが、それがどうにも、乱暴に思える。認識というものはそれほど思い通りな代物ではない。
 生きるのに上手い下手があるのだ、浮世には。それは世渡り云々の話ではなくて、もっと根本的な心構えのような次元での話。それぞれに選択があり、しかもその選択は他人から理解されるとは限らないところですら強制力を持っている。なぜ人を殺してはいけないのか、なぜ他人の妻を愛してはいけないのか、なぜ自ら生きることを辞めてはいけないのか、なぜ法律はあるのか……それでも選択は迫られる。
 いっさいがっさい何一つとって上手くなくても、一度生まれたならば最期まで生きなければならない。と申し渡される。

 他人の不幸で飯が旨い。

 一番幸せな時間は眠っている時間だ、と親の前でも平気で言うような子供だった。完璧に安らげる時間など他に全くないと信じて疑わなかった。それが例え悪夢の中であっても、目が覚めているよりはずっとマシだと本気で考えていた。
 何一つ不自由などしていなかったけれど。大した不幸など負っていなかったけれど。人にも環境にも十二分に恵まれていたけれど。いや、それゆえに。
スポンサーサイト
2013.12.18 23:03|散文
 桜の時期の自由が丘を、曖昧な記憶のままに思い描いてみると、途端に彼女のことが、彼女と歩くいつかが、当たり前のように連想されて切ない。いったいわたしはいつの間にもこんなに好きになっていた。会わないことでかえって美化してはいないか。わたしはそういう種類の不安に襲われ、たまらなく心配で怖くなるのだ。どうして。それ、その一言を何度頭の中でこねくり回してみても、並ばったどうしての数だけまた逃げていくのだ、本当のところは。

 桜を拾った。あの自由が丘の春はいつだったろう、それすら。けれども、その楽しさと明るさだけはくっきりと覚えている。あの桜並木のあの雑貨屋さんの前の、長く待たされた昼食の待ち時間の、あの桜の花びらを。本当かも今は知れないコートの背中の黒さまでが、どうしてか呼び起こされて、何もかもが嘘のようになる。

 ねぇ今何をしているの、あなたは君はつまり彼女は。今は、大切な人。それが最も正しい呼び方かもわからないが、わたしはそう想う。大切な人よ、わたしにはどこまでが本当だかわからない。わかることなど一生涯できぬと知っていても、なおやはりわかりたいと想うこの、臆病な心は怯えて小さく寒く震えている。寒さほど嫌なものもない。
2013.10.18 01:50|散文
澄んだ秋空がうんと背伸びするように広がっていて、まるまるとした羊雲がのんびりと動いていた。洗濯物の乾く、太陽の匂い。子供たちの駆ける軽やかな足音と、笑い合う声。猫の欠伸。季節感の外れた風鈴のとぼけた音色がどこかから響いてくる。夏の終わりを感じさせる少しひんやりとした風が白いカーテンを揺らしていた。
 それはまるで完璧な初秋の昼下がりだった。こんな優雅な一日だというのに、死にそびれて。わたしは憂鬱な目で窓の外の、マンションの隙間に覗いた小さな空を仰ぐ。
 こんな完璧な気候の日に、無気力に襲われてベッドの上で一日やり過ごそうとしていると死にたくもなる。突然の、しかも強力な無気力の原因がわからないまま、食欲も空腹さえ沸かずに、ただひたすらに睡魔だけがわたしを取り巻いていた。いくら眠ってみてもまだ足りず、目をつむれば優しく抱き込まれるようにまた眠りに落ちた。
 眠っている時ほどに安らかな瞬間はない。なにせ、何も感じず、何も考えずに済むのだから。たとえ悪夢だとしても、現実よりよっぽどましという気がしてくる。現実の何がそんなに最低なのかと言われてもうまく説明できないのであったが。
 なんだか現実逃避の下手な言い訳のようで、自分で嫌気がさしてきた。だからこそまた眠ってしまいたかった。
 誰かが鉄の階段を上る、カンカンと響く足音。ドア鍵の回るガチャリという乱暴な音に、悪事を見とがめられた子供のようにビクりと体が反応する。
「ただいま」
 独り言のような呟きが開けっぱなしのドアを擦り抜けてわたしの元まで届いた。黙って布団を引き寄せ、真冬の猫のように丸くなる。
「あれ……」
 気付かれた。一日こうして死んだように、ベッドの上に身を投げ出しているだけだったと。
「生きてたんだ」
 一言。それだけ残して、兄は自室へと消えた。
 自分に体温があるのが憎らしくて、わたしはぎゅっと目をつむる。
2013.10.03 02:52|散文
 溺れる、と思った。苦しいのにどこか心地よく安らいでいた。ぬくいお湯の中に閉じ込められているような感覚。お腹の胃の辺り、たっぷりと冷めないスープが入っているかのように内側が熱い。それが時々胸の方まで押し上げてくるようで、苦しくなるのだ。口からあぶくが、濁った茶色の液体の中で白く煌めく泡の塊が、目の前を擦り抜けて消えていく。もうそろそろ肺まで熱いスープで満たされるのではないか。そう思って少し怖くなって身体を丸めたが、そんな寒気も溶かされるようにやがては失せた。また徐々に身体は開く。
 もう上下もわからず、茶色かった液体も次第に黒ずんできている。沈んでいるのか、と呆然と悟るように思う。もう浮かびたいとも思っていなかった。
 溺れることを恐れなくなったのはいつからだろう。溺れてしまったら自分がなくなってしまうという気がして、ずっと無意識に自分を抑えて縮こまっていた。しかし、一度溺れることに気を許してしまった途端、どうだろう。あまりの心地よさに、もうどうにも身体中の力が弛緩してしまっていうことを聞かないのだ。否、いうことなど何一つない。こうなってみてはじめて、本当は溺れてしまいたかったのだと知った。
 身体の内と外との温度差が段々と大きくなっていることを感じながら、わたしは尚も深く沈む。
2013.07.12 03:10|散文
アスファルトに散っていった君の肌の白さだけを今でも覚えている。

 あれからすでに4年という歳月が経過したということが、わたしには何の実感もないままにただ事実としてカレンダーの上に転がっていた。何をして今日まで生き続けてきたのか。その疑問はわたしの中のどこからか沸いて、またどこかへと泡のように消えた。
 色んなことがあったのかもしれないけれど、何の意味もなかっただろう。わたしは、流されるようにテンプレートに従った人生を続けてきただけだ。

 君の顔が思い出せなくなってどれくらい経つだろう。
 勿論、写真を見ればそれが君だとわかるのだ。あぁ、君はこんな顔だったなと思い当たるのだ。
 黒く長い髪だった。どんなに暑い日でも結おうとはしなかった、腰まで届くような髪が風に揺れていた。わたしの好きな、主張しないけれども甘いシャンプーの香りがした。
 紺色のブレザーがよく似合っていた。細い体躯。華奢という表現には似合わないほど凛としていた。そうだ、君の目はいつもはっきりと世界を見据えていた。
 ……それなのに、なぜ君は。あの日、あの時間に、あんなところで。

 脳裏に焼き付いて今も離れないのは、やはり君の肌の白さだった。髪の黒さよりも、鮮血の赤さよりも。
 まるで、血を流す前からとっくに命を手放してしまっていたかのような、透き通るような白さ。いったいどんなことがその身に降りかかったら、あんなにも生命を削り取られるというのか。君は生きている間、いったい何と戦っていたのか。
 たかが16年と8か月の人生の上で、君は何に出会った?
 そう問おうとする頭の奥、目の裏側で光るように、答えが疼いている。それはきっと、わたしが目を背け続けているものだろうと。

 きっと君は自分の人生に、生命に、誠実すぎた。
 優しさも、誠実さも、あまりに潔癖すぎるとその人自身を崩してしまう。この世は、綺麗過ぎる人間にはあまりにも生きづらい。
 わたしは誠実である振りをして、優しさを持ち合わせているようにふるまってみせて、その実、何一つ正しくも美しくもない。君のようには、向き合い続けられない。そんな弱くて汚い人間なのだ。

 このゴミ溜めみたいな世界の底を攫って、その手を汚してはいけない。そんなことをしても綺麗なものは見つからないかもしれない。だから、それでもその手を清いままに保てる一部の強い人間だけが、それをすべきだ。
 「それでも優しさを捨てないでくれ。誠実であろうとしてくれ」
 頭ではわかっている。けれども、そんな暴力的な言葉が胸の中で反響するのだ。うわんうわんと反響してわたしを煽るのだ。
 君のようにはなれない、わたしは。
 わたしは、それならどんな風に生きることが正しいのか、美しいのか。
 そんなことを意識に浮かべないどこかに彷徨わせながら、今日もヘッドフォンで耳を塞ぐ。
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター

FC2プロフ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
5491位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

496位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

リンク

最新トラックバック

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。