--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.06.23 20:16|詩(他)
つまらない日常ほど尊いものはないとも言うけれど
つまらないだけの毎日ではやっていけない

明日のための今日が要る
スポンサーサイト
2012.09.23 22:46|詩(他)
幸せであるがハッピーでない苺の香り
棘のように突き出た白い毛を恐れて見る
葉どもの付け根の白い肌
赤い艶さえ毒々しく
ただ見つめる そして嗅ぐ一粒の苺

触れ合うまでは知れないさ
味わうまでは有っても無いさ
声が、声が、声がする
追い立てられて 責められて
内側から外側から
急かして 強いる

目で見つめて
鼻で嗅いで
それで終わらせては、いけない?
何度も何度も
やらない後悔という予言を
突きつけられる胸の前

涙になる前に
全てまあるく飲みこんで
始めから 何事もなかったように
また作り笑顔
2012.02.03 01:05|詩(他)
生きていたのは僕じゃない…

旅は道連れ。

天井低く流れる星間
草原夜道

仏の座の花の色、
強く

雨の降る前の香り
地面から立ち昇る

いけども
いけども

世界は暗転
行くあてもなし

君は空しいか

僕は哀しい

三年前の涙の川と
渡し船

待っていたよ
あの時実は

想っていたよ
それでも本当に

失くしたくないのは
どこにもない
目には見えない

あればこそ
2012.02.02 01:42|詩(他)
愛の飴

横に流れた

涙のように、
溶けてった

それは塩辛い

涙の雨

薄まる
濁る

蹲ったのは
あなたの白い指でした。
2012.02.02 01:33|詩(他)
死ぬほど空っぽな気持ちを抱えて
それでも僕等は生きていく

未来なんてなかった
ただ空があるだけだった

夢なんてなかった
ただ地球があるだけだった

時間も
命も
羅列する

言葉も
情も
拒絶する

涙は枯渇し
愛は流出し
空白の世界に雨だけが降る

目なんて見えてなかった
耳だって聞こえてなかった

何も話せなかった
一歩も歩けなかった

意味なんて、なかった…?


ブルーハワイのかき氷は
海の味がしますか
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター

FC2プロフ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
6663位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

636位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

リンク

最新トラックバック

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。