--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

top

2037.07.17 15:08|未分類
ようこそお越し下さいました!
詩日記ブログ改め、創作サイトとしての運営になりました。

詩が中心ではありますが、
小説・エッセイ・論文・短歌・俳句 などなど
気ままに思うままに更新していきます!

どうぞごゆるりと見ていって下さい。
ご意見・ご感想等をよせて頂けるととても嬉しいです。

※一部の作品は限定公開です。ご了承ください。

(Twitter= @SShiou)


にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村


Powered By ソーシャルライブラリー
スポンサーサイト
2014.08.07 18:25|詩(考)
時間の質量にゆっくりと殺されていって
未来が狭まるほどに息が詰まって
「自由」なんていう途方もなく漠然としたものを求めていた

溺れて 溺れて 溺れて
なんのために足掻いていたのかもわからなくなった

無気力と体調不良を言い訳に
ただ呪うように時間を消化して

夢を見ることにさえ疲れてしまったら
いっそ終わらせる勇気が欲しくなった

溺れる 溺れる 溺れる
なんのためにもがいていたのかもうわからない

息継ぎを続けることが苦しい
もう
2014.07.11 22:02|詩(考)
何百回、何千回も君と会って
何百回、何千回も君と別れて
そんな毎日が貴重でなかったはずがないのに

一声かければすぐに会えてしまえた
一言とばせばすぐに話せてしまえた
そんな毎日がずっと続くわけがなかったのに

「それくらいわかっているよ」なんて言っても
やっぱりわたしは全然わかってないな

教室に通う日々は終わって
クラスという枠組は無くなって
そうなってやっと気が付くんだ

君と会う機会はどんどん減って
時間も距離もぐんぐん伸びて
そうなってやっと気が付くんだ

「君は今頃どうしてるかな」なんて思うことすら
いつのまにか少なくなっているってことにね

怖くなって
悲しくなって
でも全部が空しくなって
大事って感じたことすら薄れていって
わたしは、何になるのかな

日が暮れて肌寒くなる
布団の匂いに誘われる
また静かに、目を閉じる
2014.06.23 20:16|詩(他)
つまらない日常ほど尊いものはないとも言うけれど
つまらないだけの毎日ではやっていけない

明日のための今日が要る
2014.06.22 04:04|詩(考)
それは光のような愛だった
言葉にはしない
ただ包み込むだけの

それ以上に尊いものなどなかった
心地の良さも
生きる意味さえも

その光に背くということは
この世で最も重い罪だと思った
温かい笑顔を曇らせる裏切り

救われるのに重たくて
揺るがないのに儚くて
優しいのに息苦しくて
100貰うのに10も返せない

爛れてしまった心が泣く
自分の涙に溺れそう
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター

FC2プロフ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
7347位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

707位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

リンク

最新トラックバック

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。